Level up your Twilio API skills in TwilioQuest, an educational game for Mac, Windows, and Linux. Download Now
Build the future of communications.
Start building for free

Japanese posts

  • By Daizen Ikehara
    SIGNALで発表されたTwilioQuest 3.2を使って自分だけのエクステンションを作成するには TwilioQuest 3 - Extension

    SIGNAL 2021 カンファレンスのブログシリーズ、第5回目、並びに「Qiita Advent Calendar - Twilioを使うためのコツ、TIPSなど、Twilioのことなら何でも共有しよう!」 1日目を同時に投稿します。

    始めに

    第1回(SIGNALカンファレンスの超速報)、第2回(基調講演の振り返り)、第3回(SIGNAL TVをMCの立場から振り返る)、第4回(Twilio SIGNAL 2021 イベント〜製品アナウンスの振り返り)に続いてSIGNALで発表されたTwilioQuest 3.2の詳細やエクステンションの開発方法について紹介します。

    TwilioQuestとは

    TwilioQuestはゲームをプレイするようにさまざまな開発スキルを向上できるチュートリアルです。2019年に当時の最新バージョンである「TwilioQuest 3」がリリースされました。Twilio製品の利用方法だけでなく、Pythonのようなプログラミング言語や、GitHub(ソフトウェア開発プラットフォーム)の使い方などを学習できます。

    より詳しい説明やミッションの進め方、日本語版のアナウンスについては以前こちらの記事で取り上げています。

    Read More
  • By Kazuo Sugiyama
    2021年10月サポートFAQアップデート oct

    Technical Support Engineer の杉山です。

    2021年10月に公開したFAQをご紹介いたします。

    お客様にサービスを提供する際のベストプラクティスを紹介いたします。

    できれば アカウントを乗っ取られる前 に確認いただきたいFAQです。

    必要なくなったTwilio番号を解放する方法を解説いたします。


    プロジェクトに必要なユーザーを管理する方法の紹介です。

    来月も引き続きアップデートいたします。

    お楽しみに!

    【注】

    ご紹介したFAQの内容は実情に合わせて変更される可能性がございます。
    FAQのコンテンツを正としてご活用くださいませ。
    過去のアップデート記事に関してはこちらをご覧ください。

    Read More
  • By Hiroto Masaki
    Twilio SIGNAL 2021 イベント〜製品アナウンスの振り返り twilio-signal2021-recapBlog4-header-jp

    SIGNAL 2021 カンファレンスのブログシリーズ、第4回目となります。

    SIGNAL 2021を振り返るブログシリーズを、第1回(Twilio SIGNAL 2021 カンファレンスの超速報)、第2回(Twilio SIGNAL 2021 〜 基調講演の振り返り)、第3回(SIGNAL TVをMCの立場から振り返る)と投稿してきました。第3回目までで、カンファレンスイベント期間中のプロダクト系のアナウンスの幾つかについて既にカバーしていますが、今回は未だカバーしきれていない以下のアナウンスについて触れていきたいと思います。

    • Twilio Verifyの機能強化を3点(WhatsApp、TOTP、BYOT)
    • Twilio Video Insights機能
    • Twilio SendGrid EmailのDeliverability Insights機能
    • プログラム「CodeExchange for Good」

    Twilio Verifyの機能強化を3点(WhatsApp、TOTP、BYOT)


    先ずTwilio Verifyについてです。Twilio Verifyは二要素認証をマルチチャネルで実現するマネージド型のアカウントセキュリティー系プロダクトです。プロダクト全般としてはこれまでも正式リリース提供しています。二要素認証におけるワンタイムパスコード(OTP)生成・管理のロジックが自社提供可能な場合、Twilio Programmable SMSサービスと組み合わせることでエンドツーエンドで二要素認証機能を自社提供できます。しかし、そもそもOTPの生 …

    Read More
  • By Daizen Ikehara
    豪華プレゼントが当たる Qiita Advent Calendar 2021開催中! Qiita Advent Calendar 2021

    デベロッパーエバンジェリストの池原です。今年も年末まで2ヵ月を切り、少しずつ寒くなってきました。私は毎朝の散歩を日課にしているのですが、さすがに5時に起床するのが辛くなってきました。みなさんも気候の変化に体調を崩されないようにお気を付けください。

    さて、年末12月といえば毎年多くのアドベントカレンダーが公開されます。ITエンジニアにとってはプログラミング言語やフレームワーク、あるいは子育てなどさまざまなテーマについて12月1日から12月25日まで記事を投稿するという企画が有名でしょう。

    Twilioでは本年、Qiitaさんが主催するQiita Advent Calendar 2021に修正することになりました。下記のテーマに沿った記事を投稿いただいた方の中からそれぞれ2名の方に豪華プレゼントを進呈します。

    テーマ: Twilioを使うためのコツ、Tipsなど、Twilioのことなら何でも共有しよう!

    Qiita Twilio Tips

    このテーマではTwilioを使った体験やコツ、Tipsなどに加え、Twilioを使った事例とその実装や社会貢献の例など、Twilioに関連する技術記事であれば何でも共有してください。自由枠と捉えていただいて構いません。

    賞とプレゼント

    参考記事 - Twilio Studioで営業時間判定を行う

    テーマ: Twilioを使った面白いこと・T …

    Read More
  • By Daizen Ikehara
    SIGNAL TVをMCの立場から振り返る SIGNAL TV - recap by JP MC

    SIGNAL 2021 カンファレンスのブログシリーズ、第3回目となります。

    始めに

    SIGNALカンファレンスの超速報基調講演の振り返りに続いて開発者向けコンテンツ、SIGNAL TVについてAPJ(アジア太平洋・日本)時間を担当したMCの立場から振り返ります。

    SIGNAL TVとは

    私が所属するWorldwide Developer Relationsチームでは2018年よりSIGNALカンファレンスの会期中に物理的に参加できない開発者を対象としたライブストリーミングを裏番組の立ち位置で提供しています。

    このSIGNAL TVではTwitchYouTube Liveなどのストリーミングサービスを利用し、キーノートなどの重要なセッションの振り返りや、Twilioのプロダクトマネージャーやエンジニアがざっくばらんに製品や新機能についてオーディエンスからの質問に答えるような番組、TwilioQuest実況プレイなどのエンターテイメントなどを通して、「SIGNALカンファレンスの雰囲気をリモートでも体感できる」プログラムを目指してきました。

    本年のSIGNAL TV

    コロナ禍によりオンライン開催となった昨年に引き続き、本年のSIGNALカンファレンスもほぼ全編がオンライン開催となりました。そのためSIGNAL TVも裏番組というポジションではなく、セッションとセッションの間に放映されるカンファレンスナビゲーターとして昨年以上に露出が増えました。今年は会期中の50%以上にもおよぶ時間帯でSIGNAL TVがSIGNALイベントサイト(プラットフォーム)で …

    Read More
  • By Ashley Boucher
    ReactとTwilio Programmable Videoでカスタムビデオチャットアプリを作成する ReactとTwilio Programmable Videoで作成するカスタムビデオチャットアプリ

    この記事はTwilio Developer VoicesチームのAshley Boucherこちらで公開した記事(英語)を日本語化したものです。

    このチュートリアルでは、ReactとTwilio Programmable Videoを使用してグループビデオチャット用のWebアプリケーションを作成します。ビデオチャットは友人や家族、同僚とのコミュニケーションに大変便利なツールです。それでは、以下にカスタムビデオチャットアプリを作成する基本手順を紹介します。

    必要条件

    作成するアプリケーションは2つのパートで構成されています。

    1. React.jsのフロントエンド
    2. 任意の言語・プラットフォームで作成されたバックエンド。

    バックエンドはアクセストークンの生成に使用し、ユーザーに権限を付与します。フロントエンドはTwilio Programmable Video JavaScript SDKを使用してビデオチャットロジックを処理します。バックエンドの作成は本稿では説明しませんが、Node.jsユーザー向けにブログ記事「Twilio Functionsを使ってTwilio Chat、Video、Voice用のアクセストークンを生成する」で詳しく説明しています。

    クライアントの作成

    Reactアプリをクローンする

    プログラムの …

    Read More
  • By Oluyemi Olususi
    Laravel Passportを使用したPHPによるセキュアなAPIの構築 Laravel Passportを使用したPHPによるセキュアなAPIの構築

    この記事はOluyemi Olususiこちらで公開した記事(英語)を日本語化したものです。

    モバイルアプリケーションのバックエンドを構築する場合や、最新のJavaScriptフレームワークを使用する場合は、RESTful APIを避けて通ることはできません。APIは、2つのソフトウェアプログラムが相互に通信するためのインターフェイスです。APIを使用した通信では、リクエスト間でセッション状態が保持されない点に注意が必要です。そのため、ユーザーを認証し、認可するためにトークンを使用する必要があります。

    Laravelにはセキュリティを適切に確保できる仕組みがあらかじめ用意されているため、このようなリソースを簡単に構築できます。このチュートリアルでは、Laravel Passportを使用してセキュアなLaravelバックエンドAPIを構築する方法について説明します。最後まで進めると、セキュアなLaravel APIを作成する方法や、既存のAPIのセキュリティを強化する方法を習得できます。

    必要条件

    このチュートリアルを進めるにあたり、Laravelを使用したアプリケーション構築の基礎知識があると役立ちます。また、依存関係を管理するために、Composerがグローバルインストールされていること、エンドポイントのテストにPostmanがそれぞれ必要です。

    構築する内容

    大手テクノロジー企業のCEOのリストを作成するAPIを構築し、セキュアなLaravel APIの構築方法を学びます。このアプリケーションは、各CEOについて以下の情報を一覧表示します。

    • 名 …
    Read More
  • By Hiroto Masaki
    Twilio SIGNAL 2021 〜 基調講演の振り返り twilio-signal2021-10T-custDataEvts-jp

    SIGNAL 2021 カンファレンスのブログシリーズ、第2回目となります。

    前回、シリーズ 第1回目のブログ記事の中で、カンファレンスイベント全体に関する超速報をお伝えいたしました。今回はシリーズの第2回目として、初日に行われた基調講演についての振り返り(深堀り)を行います。

    先ず、今回のSIGNAL 2021を通しての大きなハイライトは、

    • 顧客エンゲージメントに関連する「データ」への意識
    • データを活用し「リアルタイム」に顧客エンゲージメントを図ること
    • 提供される顧客エンゲージメントを「パーソナライズ」が利いたものにすること

    であったと感じており、実際に基調講演にご登壇いただいたお客様・パートナー様・弊社リーダーシップからも、折に触れてコメントされたキーワードでした。本稿では以下、幾つかのブロックに分けて振り返りを行いますが、これらのキーワードを思い返しながらお読みいただければと思います。

    signal2021-data-personalize-realtime-jp

    Twilioでは、コミュニケーションあるいは顧客エンゲージメントに関連するAPIサービスやSaaSサービスを提供しています。このうち、先ずメッセージング系サービスの文脈では、基調講演において以下のアナウンスがありました。

    Google Business Messages(本稿では以下GBMと略すことがあります)- Google Business Messagesは、Google検索やGoogle Map検索で企業・ブランドを検索すると、検索結果画面上のインタフェースでそのブランドのスタッフとチャットを行うことのできる機能です。弊社では、Twilio Conve …

    Read More
  • By Stephenie Minami Nakajima
    Tesseract.jsとReactでOCRコミュニケーションアプリを作る(前編) Tesseract.jsとReactでOCRコミュニケーションアプリを作る(前編)

    背景

    「OCR」という技術を耳にしたことがありますか?OCRは、Optical Character Recognition(光学文字認識)の略です。手書きや印刷された文字を光学的な手段でデータとして取り込み、文字認識することによってコンピュータープログラムなどで使用できるように変換する技術です。OCRは様々な分野で利用されています。使用例としては、車のナンバープレートを認識し盗難車を検知したり、書籍をデジタル化したりという例があります。Tesseract.jsは100以上の言語に対応するオープンソースのOCRライブラリです。Tesseract.jsは、C言語で開発されたTesseractOCRエンジンをJavaScriptのWebAssemblyにコンパイルしています。Tesseract.jsを使うと、ブラウザでOCRを簡単に利用できます。

    Tesseract.jsの精度は完全ではありません。誤認識する可能性がありますので、これまで手作業で行っていた作業をTesseract.jsで自動化し効率を上げるためなど、補助的な用途での利用を推奨します。

    本稿では、Tesseract.jsとReactを使用し、ブラウザ上で画像のOCR処理を行い、読み取ったテキストをSMSとして送信するアプリの作成方法をご紹介します。

    本稿は前編と後編に分かれており、前編ではプロジェクトのセットアップからフロントエンドの構築までを、後編ではバックエンド側の構築と動作検証についてご紹介いたします。

    後編はこちら:Tesseract.jsとReactでOCRコミュニケ …

    Read More
  • By Stephenie Minami Nakajima
    Tesseract.jsとReactでOCRコミュニケーションアプリを作る(後編) Tesseract.jsとReactでOCRコミュニケーションアプリを作る(後編)

    本稿は前編と後編に分かれており、前編ではプロジェクトのセットアップからフロントエンドの構築までを、後編ではバックエンド側の構築と動作検証についてご紹介いたします。
    前編はこちら:Tesseract.jsとReactでOCRコミュニケーションアプリを作る(前編)

    前編では、以下のOCRコミュニケーションアプリケーションのフロントエンドを構築しました。続いて、バックエンドを構築しましょう。

    アプリ完成イメージ


    バックエンドを構築する

    次に、バックエンドを構築します。

    プロジェクトのルートディレクトリに.envserver.jsファイルを作成してください。

    まずは、Twilioの認証情報を.envファイルに格納します。

    テキストエディタで.envファイルを開き、以下のコードをペーストしてください。

    TWILIO_ACCOUNT_SID=XXXXX
    TWILIO_AUTH_TOKEN=XXXXX
    TWILIO_PHONE_NUMBER=XXXXX
    

    XXXXXの文字列は、Twilioの認証情報のプレースホールダーを表しています。

    TWILIO_ACCOUNT_SIDTWILIO_AUTH_TOKENは、Twilio ConsoleからAccount SIDとAuth Tokenを取得し、XXXXXにペーストしてください。Account SIDとAuth Tokenの取得方法について詳しくは、ヘルプセンターの「Account SIDとAuthTokenの確認方法」を参照してください。

    TWILIO_PHONE_NUMBERは、Twilioから取得した電話番 …

    Read More
  • Newer
    Older
    Sign up and start building
    Not ready yet? Talk to an expert.